So-net無料ブログ作成
検索選択

タントやムーブ11万台リコール=燃料漏れの恐れ―ダイハツ(時事通信)

 ダイハツ工業は10日、エンジンの燃焼装置に不具合があり燃料漏れが起きる恐れがあるとして、軽自動車「タント」「ムーヴ」など5車種11万7109台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。
 対象は昨年6月から今年3月に製造されたタント、ムーヴ、ミラ、ムーヴコンテ、ミラココア。
 国交省によると、エンジンを動かす際の振動を防ぐダンパーに不具合があり、使用を続けると燃料が漏れる恐れがある。 

【関連ニュース
【特集】トヨタ リコール問題
前副知事と町長、罪状認める=県町村会汚職
サン電子、ラジオICレコーダーをリコール=1万8000台に電池過熱の恐れ
リコール制度改善を検討=国交省などに初の資料請求
レクサスのリコール届け出=最上位モデルの4509台

<労働トラブル>全国32カ所で電話相談 5日を中心に(毎日新聞)
満州建国大学 全国同窓会に幕 東京のホテルで開催(毎日新聞)
民主党新代表に菅氏…291票獲得(読売新聞)
広島少年院暴行の元教官、二審は猶予判決 示談など考慮(産経新聞)
<毎日新聞世論調査>菅内閣の支持率が66%の高率に(毎日新聞)

梅雨でも快適 おしゃれ雨具 機能性・デザイン、さらに進化(産経新聞)

 梅雨の必需品である雨具。今年は防水機能に加え、機能とデザインがさらに進化している。雨の日は憂鬱(ゆううつ)な気分になりがちだが、気に入ったアイテムを取り入れれば、楽しく快適に過ごせそうだ。(小川真由美)

 ◆サイズ選びは慎重に

 西武渋谷店(東京都渋谷区)は5月11日から、撥水(はっすい)加工を施した合皮のハイヒールやブーティーなど約100種類のレインシューズを展開中だ。リボンなど装飾が付いたバレエシューズやブーティーのほか、約8センチのハイヒールなどで、平均価格は約1万3千円。

 横浜市在住の女性会社員(41)は「天候に左右されず、服装を決められるのがうれしい」と話す。光沢感があるエナメル風のロングブーツも人気だ。革靴より1万円以上も安いうえ、冬は革の質感とは違ったロングブーツとしても使える点が受けている。

 婦人雑貨部の小山育美・販売リーダーによると、合皮素材は革よりも足になじみにくいため、サイズ選びはより慎重な方がよい。一般的な防水スプレーは革専用なのでレインシューズに使うとシミになるそうだ。

 レインコートも進化している。京王百貨店新宿店(新宿区)では、サイクルレインコート(9240円)が好調。昨年7月、都の道路交通規則の一部改正で、傘を差したままでの自転車運転が禁止になったことが影響しているようだ。コート内側には太ももにすそを固定するベルトなど、自転車でもぬれにくい防水機能が満載されている。

 ◆手持ちの傘変身

 折りたたみ傘をきっちり折りたたまなくても持ち歩けるミニ傘袋(1050円〜)も売れている。買い物時などで使い捨てのビニールの袋が不便、との顧客の声を反映して企画。3月から5月末までで約190個を売るヒット商品となっている。

 冠婚葬祭用の黒と光沢感のあるピンクのリバーシブルなど、デザインも機能とおしゃれが両立したタイプが人気だという。バイヤーの堀添瑞穂さんは「雨の日のストレスを解消でき、おしゃれに見えるグッズでないと売れない」と明かす。

 一方、ビニール傘などの手持ちの傘を一気に“変身”させるのが「アニマルシッポ携帯ストラップ」(714円)。傘の持ち手カバーで、縦20センチ、横12・5センチ、厚さ3センチ。ヘビやキリン、シマウマなど計11種類ある。少し大きめだが、携帯電話ストラップとしても使える。販売するストラップヤネクスト(神奈川県小田原市)の斉藤俊一さんは「傘に付けるだけで楽しい気分になれますよ」とアピールする。

「自分が勝つルール」マージャン強要、50万恐喝(読売新聞)
明石の女性殺害 三男を指名手配 兵庫県警(産経新聞)
また神戸で資材盗 市委託工事現場から鉄板18トン(産経新聞)
グロウジェクトの販売を7月からJCRに一本化(医療介護CBニュース)
ライター 安全大使に「弘道お兄さん」(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。