So-net無料ブログ作成
検索選択

普天間未決着でも首相続投支持=小沢氏は「政治状況見て進退判断を」−仙谷氏(時事通信)

 【ハノイ時事】仙谷由人国家戦略担当相は4日午後、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題が5月末までに未決着だった場合の鳩山由紀夫首相の進退について「国民にお許しいただければ、ここはしのいでほしいというのが率直な感覚だ」と述べ、続投するのが望ましいとの考えを示した。滞在先のハノイ市内で記者団の質問に答えた。
 仙谷氏はまた、自身の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で検察審査会から「起訴相当」とされた小沢一郎民主党幹事長の進退問題に関しては「小沢氏本人が今の政治状況を見て、首相とよく話して判断すると思う」と指摘。その上で「(小沢氏は)参院選の(民主党)候補のことも十二分に考えてもらえると思う」と述べた。 

【関連ニュース
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜普天間配備の軍用機は?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

<訃報>斎藤庸一さん87歳=詩人(毎日新聞)
支持率低下「普天間も要因」=鳩山首相(時事通信)
ヤンマーに石綿含有で回収指示 大阪労働局(産経新聞)
子供への性犯罪「前歴者住所」提供で防止は7件(読売新聞)
331円安で終了=東京市場(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。